楊海英先生について

モンゴル自由連盟党は静岡大学教授・楊海英先生の著作・活動を支持します。
楊海英先生は南モンゴル出身、モンゴル名はオーノス・チョクト。日本帰化後の日本名は大野旭。モンゴル人数十万人が中国共産党政府により殺害された文化大革命期の研究で知られ、『墓標なき草原 内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』は司馬遼太郎賞を受賞しました。

南モンゴル虐殺に抗議する!6.3東京デモ行進(午前中の抗議活動の時間が30分早まりました)

 中華人民共和国設立以後、中国政府はモンゴル人に対する弾圧と虐殺、そして環境破壊と漢民族の流入を続けてきました。モンゴル人が伝統的に牧畜民として生活していた緑の草原は、モンゴルの地には合わない強引な田畑の工作で破壊され、モンゴル人はその生活基盤も、文化伝統も奪われてしまったのです。  そして、文化大革命時代には、モンゴル人に対する民族絶滅政策というべきジェノサイドが実施され、犠牲者の総数は今も明らかにはなっていません。改革開放の時代になっても、中国政府の基本的な政策は変わらず、中国系企業は公害をだれ流す企業を進出させ、大地は汚染、砂漠化が拡大しています。

 モンゴル人は大地を守るために抵抗しています。人々は団結して、暴力的な弾圧を怖れずに抗議行動を続け、自らの土地を守り、環境破壊に抗議し続けています。しかし、ある中国人は、抵抗する牧畜民をトラックでひき殺し、わずかな補償金を出して、モンゴル人の命などこれくらいのものだといった暴言を吐く事件すら起きました。  このような民族差別、人権と人命を軽んじる姿勢を許してしまっては、いつかその暴力は、隣国である日本国の平和をも脅かすことでしょう。 私達は南モンゴルに対する中国人の流入、環境破壊、草原の砂漠化、そしてモンゴル人への弾圧と暴力に対し抗議するデモ行進を、アジアの民主主義国であり、中国の隣国である日本国にて開催いたします。ぜひ、中国国内で闘い続けるモンゴル人たちへの連帯の意志と、中国政府は虐殺を直ちにやめよという声を、私たちと共に挙げてください。

 今回のデモ行進は下記のとおり行われます。皆様方のご参加、報道関係の方々のご協力を何卒よろしくお願いいたします。

日時 6月3日    …

Say no Chinaにダイチン代表が参加しました

10月5日、大阪で行われました「Say no China」にダイチン代表が参加しました。以下はその写真です。 #gallery-1 { margin: auto; } #gallery-1 .gallery-item {
float: left;
margin-top: 10px;
text-align: center;
width: 33%;
}
#gallery-1 img {
border: 2px solid #cfcfcf;
}
#gallery-1 .gallery-caption {
margin-left: 0;
}
/* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */

6月21日のデモ行進で中国大使館に届けた抗議文、および高田純先生からの支援メッセージ

抗議文

中華人民共和国 習近平主席殿

下記、モンゴル民族として厳重に抗議する。

1.環境問題について  いわゆる内モンゴル自治区(南モンゴル)は少雨であり、農業に向かず、農業が却って砂漠化を誘発する土地である。モンゴル民族はこの土地に適した遊牧を何千年と続けてきたにも拘わらず、中華人民共和国政府は農業を強制・実行し、砂漠化を進めている。土地に合わない非科学的な農業の強制、禁遊牧政策はモンゴル民族の伝統を破壊するだけでなく環境破壊の原因となるものであり、断じて受け入れられない。  また、中国政府および漢人開発業者は南モンゴルにて石炭、鉄鉱石、レアメタル、レアアースなどの乱開発を続けており、これを専ら南モンゴル外の開発に使用している。モンゴル民族の土地で算出された資源を奪うのみならず、資源の乱開発によって草原を荒れ果てた土地にする行為は断じて許されるものではない。  さらに、環境汚染の原因となる工場を300以上も南モンゴルに移転するということが現在言われている。漢人の経済発展のために必要な工場を南モンゴルに移し、北京や上海の環境を守り、モンゴル民族の土地を汚染する。こうしたことは21世紀の文明社会において許される行為ではない。  こうした行為に抗議した環境活動家・メルゲン氏が漢族の開発業者に轢き殺されたことは、今でもなおモンゴル民族の記憶に鮮明に残っている。中国政府は南モンゴルにおける環境破壊を止め、モンゴル民族に土地を返すべきだ。


中国の南モンゴルに対する 環境破壊・人権蹂躙・民族浄化 に抗議する集会&デモ行進 動画

2014年6月21日、「中国の南モンゴルに対する 環境破壊・人権蹂躙・民族浄化 に抗議する集会&デモ行進」が開催されました。 たくさんの皆様のご参加、ありがとうございました。 以下はその動画です。

ダイチン代表。

デモ行進用プラカード画像

デモ行進などに使える、モンゴルに関するプラカードの画像を作って頂きました。ここにご紹介いたします。

中国政府の乱開発、草原の破壊に反対! http://www.8jin.net/20140621_mongol/mongol_p_01_400_20140621.jpg 印刷用データ プリント予約番号21610012 http://www.8jin.net/20140621_mongol/mongol_p_01_20140621.jpg   牧畜民を守れ!メルゲン氏 http://www.8jin.net/20140621_mongol/mongol_p_02_400_20140621.jpg 印刷用データ プリント予約番号21683707 …

6月21日南モンゴルデモ 告知(集会開始・出発時刻を追加しました)

6月21の南モンゴルデモの告知チラシです。クリックするとPDFファイルが表示されます。 ●14時集会開始 ●15時デモ行進出発 と決定いたしました。

告知チラシ


「中国のアジア侵略阻止!アジア連帯行動」にダイチン代表が参加しました

5月31日、土曜日、「中国のアジア侵略阻止!アジア連帯行動」の街宣活動とデモ行進に党のダイチン代表が参加しました。 以下はその写真です。 #gallery-2 { margin: auto; } #gallery-2 .gallery-item { float: left;
margin-top: 10px;
text-align: center;
width: 33%;
}
#gallery-2 img {
border: 2px solid #cfcfcf;
}
#gallery-2 .gallery-caption {
margin-left: 0;
}
/* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */

主催:「頑張れ日本! 全国行動委員会」

在日モンゴル人抗議デモのお知らせ 

 2013年8月20日、オルドス市ウーシン旗で牧畜民バヤンバートル氏(享年58)が草地を守るために中国鉄道局第23工事隊の漢人工員によって打ち殺された事件が起こった。しかし、現在事件の解決はおろか、被害者の遺族を含む現地住民数十名が当局に不法に拘束されている。加害者側は、被害者の大切な命の対価をまたも金銭で解決しようとしている。また近年各地でモンゴル人の家畜がトラックにひき殺される事件や土地が不法に占有されることが頻発している。中国において、内モンゴルのモンゴル人の基本的権利および財産は保護されるどころか、重大な侵害および損害を被っている。    このような事態に鑑み、われわれ在日モンゴル人は、中国及び地方政府に対し、基本的権利の侵害に強く抗議すると共にモンゴル人の基本的権利及び財産、土地の保護を強く求めたいと思う。  われわれには中華人民共和国の公民として政府および当該地方政府に対し、抗議やデモを行う権利は憲法で保障されている。  したがって、中国の関連法規に基づき、2013年9月8日(日)、13:00から中華人民共和国駐日本国大使館前で抗議デモを実施することになった。この活動は政治的活動ではなく、政府に対してモンゴル人の基本的権利の保護を求める活動であることを重ねて強調したい。正義感のあるモンゴル人の皆様にはふるってご参加をお願いしたい。詳細は追ってお知らせしたいと思う。   平成25年8月25日 在日モンゴル人同郷会

3月9日、「大阪フリーチベットデモ行進」が開催されます

ラサ蜂起記念にあわせ、3月9日に「大阪フリーチベットデモ行進」が開催されます。自由連盟党のメンバーからも参加予定です。ぜひご参加ください。   http://cpandjapan.sakura.ne.jp/ 詳細は主催者様のWebページにてご覧ください。 平成二十五年三月九日(土) 大阪市西区 新町北公園 集合 ●十二時半 …

頑張れ日本主催の集会・デモにダイチン幹事長が参加

頑張れ日本主催のNHK抗議集会・デモにダイチン幹事長が参加します。

Ⅰ-国民集会 開場 12:00 開会 13:00(~15:00) 会場 代々木公園野外音楽堂    (NHKホール隣り、最寄駅:JR原宿駅又はJR渋谷駅)    【登壇予定】     ペマ・ギャルポ、黄文雄、イリハム・マハムティ、オルホノド・ダイチン、鳴霞     赤池誠章、高田純、小山和伸、坂東忠信、倉山満、三輪和雄、永山英樹 …