楊海英先生について

モンゴル自由連盟党は静岡大学教授・楊海英先生の著作・活動を支持します。
楊海英先生は南モンゴル出身、モンゴル名はオーノス・チョクト。日本帰化後の日本名は大野旭。モンゴル人数十万人が中国共産党政府により殺害された文化大革命期の研究で知られ、『墓標なき草原 内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』は司馬遼太郎賞を受賞しました。

南モンゴルクリルタイ準備委員会の代表団がダラムサラを訪問、ダライラマ法王に拝謁。親身にご対応頂きました

ダライラマ法王に拝見1
 10月上旬、長年海外で南モンゴルの自由民主のため闘ってきたテムチレト氏を団長とした南モンゴルクリルタイ準備委員会代表団が、チベット亡命政府のあるインドダラムサラを訪問。ダライラマ法王に拝謁し、法王は親身になってご対応くださいました。
 今年初めの一月、長年海外で南モンゴルの南モンゴルの現状を訴え続けてきた、南モンゴル自由民主運動のカリスマ的存在であるテムチレト氏が、世界中に散らばっている同志たちと一緒に南モンゴルクリルタイ準備委員会を結成しました。クリルタイの準備活動を活発化するため、氏は南モンゴルクリルタイ準備委員会代表団を連れ、10月3日から15日まで、インドダラムサラにあるチベット亡命政府を訪問しました。


ダラムサラ1
代表団は6人で、テムチレト氏を団長とし、ダイチン氏を副団長としました。今回の訪問は、クリルタイ準備委員会の創立から第一回目です。その訪問先に、チベット亡命政府を選択したのは意義深いことと団長のテムチレト氏は話しました。テムチレト氏は続けて「チベットとモンゴルは宗教、文化の面で深い関係を持っている。両方ともチベット仏教徒である。この意味において、ダライラマ法王は我々モンゴル人の精神的なリーダーであるのは間違いありません。だから、我々は第一回目訪問にダラムサラを選択したのです」と話しました。
今回の訪問では、チベット人の子供村、チベット人難民の居住地、寺院などの見学を行いました。テムチレト氏は、我々はチベット人がインドで頑張っている姿を見ることができ、印象深かったと話していました。

ダラムサラ2
今回訪問のもう一つの重要な内容は、チベット亡命政府との議会に対する交流と見学です。今回は、チベット亡命政府の外相と議長をはじめ、政府の関係者や議員たちと広い交流ができました。

ダラムサラ10
最後に、ダライラマ法王がお忙しい日程の中、休養中であるにもかかわらずクリルタイ代表団の拝謁にご対応くださいました。また、南モンゴルの宗教、文化の保護に対して非常に関心を配ってくださいました。同時に、南モンゴル人たちが自分たちの宗教と文化を必ず守っていくという決意を祝福してくださいました。

ダラムサラ4
テムチレト氏は、今回の訪問は我々南モンゴル人の自由民主運動に対して大きな節目になるでしょう、これを力にして、我々南モンゴル人たちの自由民主運動がより一段上がっていくことができればと話しました。

レポート :アイジム
写真:南モンゴル大クリルタイ準備委員会提供

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>