楊海英先生について

モンゴル自由連盟党は静岡大学教授・楊海英先生の著作・活動を支持します。
楊海英先生は南モンゴル出身、モンゴル名はオーノス・チョクト。日本帰化後の日本名は大野旭。モンゴル人数十万人が中国共産党政府により殺害された文化大革命期の研究で知られ、『墓標なき草原 内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』は司馬遼太郎賞を受賞しました。

南モンゴルクリルタイ準備委員会の代表団がダラムサラを訪問、ダライラマ法王に拝謁。親身にご対応頂きました

 10月上旬、長年海外で南モンゴルの自由民主のため闘ってきたテムチレト氏を団長とした南モンゴルクリルタイ準備委員会代表団が、チベット亡命政府のあるインドダラムサラを訪問。ダライラマ法王に拝謁し、法王は親身になってご対応くださいました。  今年初めの一月、長年海外で南モンゴルの南モンゴルの現状を訴え続けてきた、南モンゴル自由民主運動のカリスマ的存在であるテムチレト氏が、世界中に散らばっている同志たちと一緒に南モンゴルクリルタイ準備委員会を結成しました。クリルタイの準備活動を活発化するため、氏は南モンゴルクリルタイ準備委員会代表団を連れ、10月3日から15日まで、インドダラムサラにあるチベット亡命政府を訪問しました。 代表団は6人で、テムチレト氏を団長とし、ダイチン氏を副団長としました。今回の訪問は、クリルタイ準備委員会の創立から第一回目です。その訪問先に、チベット亡命政府を選択したのは意義深いことと団長のテムチレト氏は話しました。テムチレト氏は続けて「チベットとモンゴルは宗教、文化の面で深い関係を持っている。両方ともチベット仏教徒である。この意味において、ダライラマ法王は我々モンゴル人の精神的なリーダーであるのは間違いありません。だから、我々は第一回目訪問にダラムサラを選択したのです」と話しました。 今回の訪問では、チベット人の子供村、チベット人難民の居住地、寺院などの見学を行いました。テムチレト氏は、我々はチベット人がインドで頑張っている姿を見ることができ、印象深かったと話していました。

今回訪問のもう一つの重要な内容は、チベット亡命政府との議会に対する交流と見学です。今回は、チベット亡命政府の外相と議長をはじめ、政府の関係者や議員たちと広い交流ができました。


南モンゴル大クリルタイ準備委員会通知

 以下は南モンゴル大クリルタイ準備委員会の声明文です。  日本語訳が完成いたしましたので、掲載致します。

 自由、平等、民主政及び人権尊重は、現代社会の普遍的価値である。我が南モンゴルにおいても数百年にわたる闘争の歴史の中で、自由と平等を勝ち取るために多くの英雄達が鮮血を流してきた。勇敢なる戦士トクトフ、先駆ける戦士ダムディンスレン、誠実なる戦士バボージャブ、牧民を守るため蜂起したガーダーメイリン、そして全モンゴル統一を目指した徳王らは身を犠牲にして奮闘し、志半ばにして斃れていったが、我が民族の闘争は母なる大河シラムレンの滔々たる流れの如く継続している。  シナ共産党の南モンゴル支配という暗黒時代は今年で68年目を迎えるが、この間、我がモンゴル民族のありとあらゆる権利が剥奪され、殊に主権の喪失は文化大革命期に我が同胞を標的とした凄惨な大虐殺を引き起こし、我々を滅亡の一歩手前まで追い込んだ。  しかし、シナ人大量移民計画を撤回させた1981年の学生運動を皮切りに、我々の抵抗運動は蘇生し、1995年には南モンゴル民主連盟のハダが真正な自治の実現を要求して立ち上がった。その後、海外では内モンゴル人民党、南モンゴル人権情報センター、青旗協会、モンゴル自由連盟党などが相次いで活動を開始し、過去二年の間には南モンゴル青年連盟、内モンゴル民主党、南モンゴル自由民主運動基金が、いずれも若い世代の人々の手により設立された。今まさに南モンゴルの民族運動は新しい段階に入ったと言えよう。  昨今の国際情勢を鑑みるに、今こそ南モンゴルの自由民主勢力が協調し、南モンゴルの将来について議論し、力を合わせて運動を前進させる好機である。我が南モンゴルの諸勢力が一たび鞏固に団結すれば、我々の運動は燎原の火の如く広がり、南モンゴルの明るい未来を照らし出すであろう。我々は南モンゴルの人々を他国支配による抑圧から解放し、自決権を回復するための綱領を制定し、我々の伝統文化の継承を擁護し、「先住民族の権利に関する国連宣言」に掲げられた普遍的価値に立脚して民主政による自由で平等な社会を建設するための協議を開始するべく、南モンゴル大クリルタイ準備委員会を設立した。  我々は全ての同胞が個人または団体として参加することを歓迎する。また、上記の目的に基づき、我が準備委員会は討議を通じて規則を定めるものとする。

南モンゴル大クリルタイ準備委員会 …

ダイチン代表が第五回アジアの民主化を促進する東京集会に参加しました

 ダイチン代表が、第五回を迎える「アジアの民主化を促進する東京集会」に参加しました。  以下はその集会で採択された声明文です。    

 アジアの民主化を促進する東京集会は、今年平成27年(2015年)5回目を迎えた。そして今年は、大東亜戦争終結70周年の年でもある。8月14日、安倍晋三日本国総理大臣はこの年を記念して談話を発表した。そこには「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。」という言葉が刻まれている。

 しかし、チベット、南モンゴル、ウイグル等の諸民族は、今も中国政府の植民地支配下におかれ、そこでは過酷な人権弾圧と民族浄化政策が繰り広げられている。また中国政府は、南シナ海に違法な埋め立てと基地の建設を強行するなど、危険な覇権主義と侵略の意志をむき出しにしており、東南アジア諸国はその軍事的脅威にさらされている。

 そして現在の中国政府は、7月には百数十人の人権派弁護士を逮捕、市民運動を徹底的に弾圧すると共に、インターネットにおいても徹底的な言論封殺を行っている。信仰、言論、結社の自由は否定され、富の格差は拡大し、悪化する環境破壊に中国民衆は苦しめられている。


2月14日・南モンゴル世界同時行動の抗議文

抗 議 文

 内モンゴル自治区人民代表大会、党委員会、内モンゴル政府、中国共産党ドゥルベド旗、ソニド右旗、アルボルチン旗委員会宛て

 先日、牧畜民が牧草地と土地問題に関する陳情を行うため、北京に上京しました。また、地元の大通りで抗議デモも行いました。オラーンチャブ市とシリンゴル盟、そして赤峰市の牧畜民は自身の合法的権益を守るため、現地政府からフフホト当局、さらには北京政府にまで陳情し、あらゆる関連部署を訪れました。しかし、牧畜民らの訴えに対する合理的解答はありませんでした。その結果、現地の官吏が牧畜民を騙し、抑圧し、問題を遅らせたことに対し、牧畜民が街頭に立ち、デモをする段階にまで発展しました。  ソーシャル・メディアで広まっている画像から見ても、警官が牧畜民に対して恐喝や弾圧をしている場面がはっきりとうかがえます。  そのため、私たちは、これに対し、以下の通りに抗議します。   (1)「法律に基づいて国を治める、人民は国家の主人公となる」との文言が人民中国の憲法に明記されています。その憲法に従えば、牧畜民が土地の所有者であるかは明らかであります。その牧畜民の許可なしに、彼らの牧草地や所有地を占拠することはいかなる組織や個人であっても不法行為に属します。近年、習近平総書記は法律に基づいて国を治めることを提唱し、各界における大小の腐敗官吏を厳重に処罰しています。  私たちは関係当局が内モンゴル自治区農牧地域事業組の副組長・曹征海ら腐敗官吏を罰することを強く要求するものであります。「朱日和(ズゥルヘ)軍事基地」を拡張するという名目で、牧畜民の牧草地を不法に占拠した行為は厳重に罰せられなければなりません。 (2)私たちは、権力を乱用して牧畜民を不法に抑圧・恫喝した警察官の名簿を公表し、彼らを法律に基づいて処罰することを当局に強く求めます。 …

2月14日・南モンゴル世界同時行動の写真

モンゴル-東京-スウェーデン-大阪の順に並んでいます。 #gallery-1 { margin: auto; } #gallery-1 .gallery-item { float: left;
margin-top: 10px;
text-align: center;
width: 33%;
}
#gallery-1 img {
border: 2px solid #cfcfcf;
}
#gallery-1 .gallery-caption {
margin-left: 0;
}
/* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */

土地強制収容に抗議した牧畜民達に対する、地元政府の態度・行為への抗議文(英語)

内モンゴル人民党 モンゴル自由連盟党 南モンゴル自由民主運動基金 青旗協会

の連名にて、今回土地の強制収容に抗議した牧畜民達に対し、地元政府がとった態度・行為に出した抗議文の英訳です。   To the People’s …

南モンゴルのシリンホト市、ソニド右旗の牧畜民達が地方政府の前で抗議

#gallery-2 { margin: auto; } #gallery-2 .gallery-item { …

東京講演会「南モンゴルの現状と未来 これからのアジアの民主化運動」速報

#gallery-3 { margin: auto; } #gallery-3 .gallery-item { …

北京へ抗議活動・陳情に赴いた牧畜民の続報

北京へ抗議活動・陳情に赴いた牧畜民は、その後政府の農業部に赴いて交渉・陳情を行っている。   一方、上京している牧畜民の地元の警察が、その実家に行って家族親族に質問を向ける様子の写真が南モンゴルから到着した。当局の警戒、間接的圧迫の様子がうかがえる。

また、中国語によるものであるが、牧畜民に関するレポートも到着している。

进京上访维权牧民情况通报(二) 一,由于连日上访太累(去中央军委上访是步行去的)多数牧民的年龄又偏大 故1,18日上午牧民们休整未外出,下午 上访牧民的主心骨奥登花女士的“包扶单位”来人与她谈话 …

解放されたハダ氏支援の口座を中国当局が凍結。しかしハダ氏は北京に向かった牧民への応援メッセージを出すなど行動を続ける。

先日の記事の通り、19年ぶりに解放されるも当局が生活資金を圧迫しているハダ氏一家への募金活動が行われ、全世界から温かい支援が行われている。 このために使われている妻・シナー女史の銀行口座は、解放当初凍結されていたのだが、その後凍結が解除されたため今回の募金活動が始まった。しかし中国当局は、この口座を再び凍結してしまったのである。

http://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/biruqiongxiang-01142015050937.html

したがって、日本国内から支援くださる皆様は、中国国内への送金ができなくなっている可能性があるため、「日本国内」とある口座への送金を選択して頂きたい。日本在住の南モンゴル人も、ハダ氏支援のため義捐金をどうにか届ける方法を模索中である。 ハダ氏はこうした当局のやり口にもけして折れることなく、今回北京に向かった牧民に対しても堂々と民族衣装をまとっての応援メッセージを送っている。 …