楊海英先生について

モンゴル自由連盟党は静岡大学教授・楊海英先生の著作・活動を支持します。
楊海英先生は南モンゴル出身、モンゴル名はオーノス・チョクト。日本帰化後の日本名は大野旭。モンゴル人数十万人が中国共産党政府により殺害された文化大革命期の研究で知られ、『墓標なき草原 内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』は司馬遼太郎賞を受賞しました。

南モンゴル大クリルタイ準備委員会通知

 以下は南モンゴル大クリルタイ準備委員会の声明文です。
 日本語訳が完成いたしましたので、掲載致します。


 自由、平等、民主政及び人権尊重は、現代社会の普遍的価値である。我が南モンゴルにおいても数百年にわたる闘争の歴史の中で、自由と平等を勝ち取るために多くの英雄達が鮮血を流してきた。勇敢なる戦士トクトフ、先駆ける戦士ダムディンスレン、誠実なる戦士バボージャブ、牧民を守るため蜂起したガーダーメイリン、そして全モンゴル統一を目指した徳王らは身を犠牲にして奮闘し、志半ばにして斃れていったが、我が民族の闘争は母なる大河シラムレンの滔々たる流れの如く継続している。
 シナ共産党の南モンゴル支配という暗黒時代は今年で68年目を迎えるが、この間、我がモンゴル民族のありとあらゆる権利が剥奪され、殊に主権の喪失は文化大革命期に我が同胞を標的とした凄惨な大虐殺を引き起こし、我々を滅亡の一歩手前まで追い込んだ。
 しかし、シナ人大量移民計画を撤回させた1981年の学生運動を皮切りに、我々の抵抗運動は蘇生し、1995年には南モンゴル民主連盟のハダが真正な自治の実現を要求して立ち上がった。その後、海外では内モンゴル人民党、南モンゴル人権情報センター、青旗協会、モンゴル自由連盟党などが相次いで活動を開始し、過去二年の間には南モンゴル青年連盟、内モンゴル民主党、南モンゴル自由民主運動基金が、いずれも若い世代の人々の手により設立された。今まさに南モンゴルの民族運動は新しい段階に入ったと言えよう。
 昨今の国際情勢を鑑みるに、今こそ南モンゴルの自由民主勢力が協調し、南モンゴルの将来について議論し、力を合わせて運動を前進させる好機である。我が南モンゴルの諸勢力が一たび鞏固に団結すれば、我々の運動は燎原の火の如く広がり、南モンゴルの明るい未来を照らし出すであろう。我々は南モンゴルの人々を他国支配による抑圧から解放し、自決権を回復するための綱領を制定し、我々の伝統文化の継承を擁護し、「先住民族の権利に関する国連宣言」に掲げられた普遍的価値に立脚して民主政による自由で平等な社会を建設するための協議を開始するべく、南モンゴル大クリルタイ準備委員会を設立した。
 我々は全ての同胞が個人または団体として参加することを歓迎する。また、上記の目的に基づき、我が準備委員会は討議を通じて規則を定めるものとする。

南モンゴル大クリルタイ準備委員会
2015年1月28日

 
 
参加団体:内モンゴル人民党、モンゴル自由連盟党、内モンゴル民主党、南モンゴル自由民主運動基金、青旗協会、南モンゴル青年連盟

追記:準備委員会の体制は漸次的に整備される予定である。最初の段階で、我々は各団体及び個人に対して参加を呼びかける。クリルタイが正式に発足するまでは準備委員会が活動を遂行するものとする。クリルタイの議員は民主的に選出される。2015年1月24日に各組織の代表が日本国の神戸において会議を開き、その場において準備委員長が選出され、暫定事務局として数名が推薦された。神戸会議は準備委員会の第一回会議と看做される。委員会に参加する団体及び個人は今後数回の会議を経て体制を整備するものとする。クリルタイの正式発足時に準備委員長及び事務局長、事務局員の地位は自動的に消滅し、新しく選任されたクリルタイの議長及びその他の役職者が事務を遂行する。それまでの間は準備委員会が南モンゴルの将来についての討議を行う。クリルタイの正式発足後、議員及び顧問団は科学的議論を踏まえた民主的意思決定により、組織戦略および活動綱領を定めるものとする。クリルタイの議決を経ていない如何なる宣言及び綱領も、その発言者個人の見解に留まる。

委員長:ショブチョード・テムチルト
事務局長:オルホノド・ダイチン
事務所:東京都江東区大島7-6-6
連絡先:ショブチョード・テムチルト (49)22-1491-9381
オルホノド・ダイチン (81)80-9129-2872
アルチャー (81)80-3652-0935
(欧州)トゥブシンザヤー (420)777-522-803
(米国)ノミン (1)404-988-4573
(モンゴル)チ・ムンフバヤル (976)9914-6533
(日本)テムルン (81)80-3836-8886

ダイチン代表が第五回アジアの民主化を促進する東京集会に参加しました

 ダイチン代表が、第五回を迎える「アジアの民主化を促進する東京集会」に参加しました。
 以下はその集会で採択された声明文です。
 



 
IMG_4800

IMG_4798

IMG_4808 アジアの民主化を促進する東京集会は、今年平成27年(2015年)5回目を迎えた。そして今年は、大東亜戦争終結70周年の年でもある。8月14日、安倍晋三日本国総理大臣はこの年を記念して談話を発表した。そこには「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。」という言葉が刻まれている。

 しかし、チベット、南モンゴル、ウイグル等の諸民族は、今も中国政府の植民地支配下におかれ、そこでは過酷な人権弾圧と民族浄化政策が繰り広げられている。また中国政府は、南シナ海に違法な埋め立てと基地の建設を強行するなど、危険な覇権主義と侵略の意志をむき出しにしており、東南アジア諸国はその軍事的脅威にさらされている。

 そして現在の中国政府は、7月には百数十人の人権派弁護士を逮捕、市民運動を徹底的に弾圧すると共に、インターネットにおいても徹底的な言論封殺を行っている。信仰、言論、結社の自由は否定され、富の格差は拡大し、悪化する環境破壊に中国民衆は苦しめられている。

 私達は、アジアにおける独裁体制と植民地支配、そして覇権主義をこれ以上許してはならない。ベトナム、フィリピンなど東南アジア諸国民は、中国の海洋覇権に対し闘う意志を示している。チベットでは焼身抗議という平和的かつ自己犠牲の精神に基づく抗議行動が続き、ウイグルや南モンゴルでは民族の文化を守るための闘いが弾圧にもひるむことなく展開している。香港の雨傘革命や台湾のヒマワリ運動に象徴されるアジアの民主化運動は、中国共産党独裁に大きな打撃を与えている。そしてわが日本も、自らの歴史と伝統への誇りを取り戻すと共に、積極的平和主義の外交を展開し、アジアと世界の平和を構築し覇権主義に抗する準備が法制的にも整いつつある。

 本日、会場に参加した私達は、如何なる侵略にも覇権主義にも反対し、このアジアに、真の民主化と民族自決権が確立するその日まで闘いつづけることをここに誓う。

2015年10月24日
第五回アジアの民主化を促進する東京集会 参加者一同

第五回「アジアの民主化を促進する東京集会」開催決定

第五回「アジアの民主化を促進する東京集会」が開催決定いたしました。
ぜひ皆様ご参加ください。
 



日時 2015年10月24日(土)午後1時開場 1時半開会

場所 拓殖大学C館101教室
東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩3分
http://www.takushoku-u.ac.jp/map/bunkyo.html

参加費 無料
 
 
基調報告
「中国の国内情勢と今後の展望ー習近平は本当に権力を掌握しているのか?」
相馬勝(ジャーナリスト)

メッセージ
藤井厳喜(国際政治学者)

中国民主化運動、チベット、ウイグル、南モンゴル、バングラデシュ、ベトナム
アジア諸民族からの報告と民主化への展望
 
 
主催
アジア自由民主連帯協議会 http://freeasia2011.org

協力
呉竹会、頑張れ日本!全国行動委員会、日本会議



第五回 アジアの民主化を促進する東京集会 趣意書
http://freeasia2011.org/japan/archives/4214

※PDFファイル
http://freeasia2011.org/statement/20151024.pdf



※過去の集会の様子は、下記のホームページをご覧ください。

アジアの民主化を促進する東京集会
http://www.asiandemocracy.jp/

南モンゴルの人権闘士・ハダ氏の監視がさらに厳しく

ハダ氏を監視する警官

ハダ氏を監視する警官

 南モンゴル人権闘士ハダ氏が釈放されてから3か月を過ぎた3月24日、当局より身分書が渡された。当局はハダ氏に、保険などに加入するための申請などができると言ったが、氏はそれを拒否したと自由アジア放送(http://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/shaoshuminzu/ql1-03262015105046.html#.VRTmTdi5j_o.facebook)の取材で書かれている。
 実のところ、社会保険や健康保険などを順調に申請するとしたら当局による色々な条件を受け入れないといけない。ハダ氏は、今後海外に行っても、たとえ行けなくても、南モンゴルの将来と利益のために自分の残されている命をささげるとはっきり表明している。
 2月にフランスの二人の記者がハダ氏を取材するとして、フフホト市から追い出され、また二人のカナダの記者も同じく追い出されている。

外に出れば、私服警官が

外に出れば、私服警官が


 内モンゴル自治区当局はハダ氏を釈放したが、監視はもっと厳しくなっている。情報によれば3月18日から現在に至るまで、朝8時~夕方10時の間、二人の警察がハダ氏の住んでいるマンションの部屋のある階の階段でイスを置いてずっと見張っていた。ハダ氏がもし外へ出て散歩しようとしたら、外で待っているほかの二人の私服の警察が後ろで見張ることになっている。
 自らの国民に対して、このように酷いことをする国家はもう先が見えているだろう。いくら軍事力、経済力を持っていると威張っても、崩壊に近づいていることは間違いない。

(レポート テムルン)

ハダ氏も「国民」なのだが……

ハダ氏も「国民」なのだが……

ダイチン代表が『土地強制収用』と『牧畜民拘束』をチャンネル桜にて訴えました

ダイチン代表がチャンネル桜の番組に出演し、『土地強制収用』と『牧畜民拘束』をチャンネル桜にて訴えました。以下はその動画です。

南モンゴルの人権のため闘うハダ氏。「習近平への公開信」を書く。

近年、南モンゴル各地域では牧畜民の牧草地を強制収用する事件が絶えない。地方政府は解決しようとするどころか、逆に牧畜民の苦情、陳情の声を警察の武力で抑えようとしている。
この問題に対して、南モンゴルの人権闘士ハダ氏が中国の国家主席に公開信を書き、中央政府が地方の牧畜民の苦情を解決してくれるよう要求した。


2月14日・南モンゴル世界同時行動の抗議文

抗 議 文

 内モンゴル自治区人民代表大会、党委員会、内モンゴル政府、中国共産党ドゥルベド旗、ソニド右旗、アルボルチン旗委員会宛て

 先日、牧畜民が牧草地と土地問題に関する陳情を行うため、北京に上京しました。また、地元の大通りで抗議デモも行いました。オラーンチャブ市とシリンゴル盟、そして赤峰市の牧畜民は自身の合法的権益を守るため、現地政府からフフホト当局、さらには北京政府にまで陳情し、あらゆる関連部署を訪れました。しかし、牧畜民らの訴えに対する合理的解答はありませんでした。その結果、現地の官吏が牧畜民を騙し、抑圧し、問題を遅らせたことに対し、牧畜民が街頭に立ち、デモをする段階にまで発展しました。
 ソーシャル・メディアで広まっている画像から見ても、警官が牧畜民に対して恐喝や弾圧をしている場面がはっきりとうかがえます。
 そのため、私たちは、これに対し、以下の通りに抗議します。
 
(1)「法律に基づいて国を治める、人民は国家の主人公となる」との文言が人民中国の憲法に明記されています。その憲法に従えば、牧畜民が土地の所有者であるかは明らかであります。その牧畜民の許可なしに、彼らの牧草地や所有地を占拠することはいかなる組織や個人であっても不法行為に属します。近年、習近平総書記は法律に基づいて国を治めることを提唱し、各界における大小の腐敗官吏を厳重に処罰しています。
 私たちは関係当局が内モンゴル自治区農牧地域事業組の副組長・曹征海ら腐敗官吏を罰することを強く要求するものであります。「朱日和(ズゥルヘ)軍事基地」を拡張するという名目で、牧畜民の牧草地を不法に占拠した行為は厳重に罰せられなければなりません。
(2)私たちは、権力を乱用して牧畜民を不法に抑圧・恫喝した警察官の名簿を公表し、彼らを法律に基づいて処罰することを当局に強く求めます。
(3)また、私たちは、牧畜民に与えられるはずの補助金を滞納している関係官吏を法律に基づいて処分することを強く求めます。関係当局は、牧畜民に約束した補助金を額面通りに速やかに支払うべきであります。また、牧畜民を抑圧したことで、彼らに与えた経済的精神的な苦痛は償われなければならないと考えます。
(4)私たちは、「朱日和(ズゥルヘ)軍事基地」周辺に暮らす牧畜民に与えたすべての損害への補償を強く求めます。
(5)私たちは、抗議活動によって先日不当に拘禁された牧畜民をただちに釈放すること、彼らの心身にもたらされた苦痛に対して補償することを強く求めるものであります。
 
 
 
内モンゴル人民党
モンゴル自由連盟党
内モンゴル民主党
南モンゴル人権情報センター
南モンゴル自由民主運動基金
青旗協会

                      2015年2月14日



 
内蒙古自治区人大常委会,党委,政府
中共四子王旗,苏尼特右旗,阿鲁科尔沁旗党委、政府

抗 议 书

近期发生了牧民为了关于草场土地等问题而进京上访、起诉甚至上街游行的事件。乌兰察布市和锡林郭勒盟以及赤峰市牧民为了维护自身的合法权益,从当地政府上访到呼和浩特、北京等地诉求,从基层到中央找过有关部门,结果他们的诉求没有得到合理的答复。由于当地官员欺骗、欺压牧民,并故意拖延解决问题的时间,结果把牧民推向了走上街头进行示威游的地步。从社交媒体提供的画面里目睹了警察恐吓、打压手无寸铁的牧民的场面。

因此我们提出一下抗议:

1. 中国宪法明文规定,依法治国、人民当家作主。换言之,那么在哪里生活的牧民,就是哪里的主人。在没有通过人民许可的前提下,任何组织或个人擅自占用牧民的草场或土地是属于非法行为。当前习近平提出依法治国,正在严惩各界大小腐败官员。我们强烈要求,相关部门必须严惩内蒙古自治区农牧区工作小组副组长曹征海为首的地方腐败官员,以扩建“朱日和军事训练场”为名,非法占用牧民草场的行为。
2. 我们强烈要求,利用权势对牧民进行非法打压和恐吓的警察的名单,要公布于众并依法惩治。
3. 我们强烈要求,要依法处理拖欠牧民补贴的相关官员。相关部门必须如数兑现牧民的拖欠款并且由于打压而给牧民带来的经济和精神上的损失,要给补偿。
4. 我们强烈要求,“朱日和军事训练场”对周边牧民生活带来的一切损失,必须给予补偿。
5. 我们强烈要求,要立即释放近期因抗议而被非法关押的牧民,对他们身心所带来的损失必须给予补偿。
 



 
To the Standing Committee of People’s Congress, Party Committee of Inner Mongolia Autonomous Region and the Government
To the Government and Communist Party Committee of Durbed Banner and Sunite Right Banner and Horchin Rear Banner

Protest

Recently, the herdsmen from Mongolia appeal to Beijing or even hold protests in order to protect their land and pasture. In order to protect their own legal rights, the herdsmen from Ulaanchab, Xilinhot and Ulaanhad appealed from the basic Banner government, Hohhot, even to the central relative agencies in Beijing, but failed. The officials in the Banner government deceived the herdsmen by procrastinating the cases and insulted them deliberately, which drove the herdsmen to protest in the street. According to the videos, we could see how the local policemen threatened the herdsmen and repressed the unarmed herdsmen with violence.

Thus we raise the following requests as follows:
1. According to the Constitution of People’s Republic of China, Chinese people are the real masters of this country. In other words, the herdsmen on the grassland are the real masters of their homeland. Without the permission of the herdsmen, Neither the organization nor one person has the right to bestow or transact their land. Chairman Xi jinping advocates the policy of ruling the country by law and we strongly request relative departments to punish the local corrupt officials led by Cao Zhenghai, the vice team leader of the Inner Mongolia Autonomous Region Farming and Pastoral Areas working group who illegally expropriated the pasture of the herdsmen when expanding the Zhu rihe military Base.
2. We intensively request the authorities to publish and punish the manifest roll of policemen who illegally cracked down the lawful activities of the herdsmen.
3. We intensively request the authorities to compensate the defaulted money immediately and strongly punish the relative officials. Compensate the real number money to the herdsmen and be responsible for their psychological loss.
4. We intensively request to compensate the loss of the nearby herdsmen of Zhu rihe Military Base.
5. Finally, we strongly request the herdsmen who protested during this time to be released immediately.The relative authorities also needs to compensate their physical and mental damage.

Inner Mongolian People’s Party
Mongolia Liberal Union Party
Mongolia Democratic Party
Mongolia Human Rights Information Center
South-Mongolia Liberal Democratic Fund
Qingqi community
14th Feb, 2015
 
mong20150214[変換後]-1
mong20150214[変換後]-2

2月14日・南モンゴル世界同時行動の写真

モンゴル-東京-スウェーデン-大阪の順に並んでいます。

世界同時行動! 牧畜民の土地強制収用への中国大使館/領事館前抗議

お知らせ
南モンゴル人は、牧畜民が自らの牧草地及び合法的な権利を守るための行動を応援し、中国共産党政府の人権蹂躙に断固反対します。
そのため、世界各国の南モンゴル人たちは、2015年2月14日(土曜日)、現地の中国大使館あるいは領事館前で抗議行動を行うことに決まりました。
 
主催 世界各国の南モンゴル人有志
 
集合場所
東京抗議活動……麻布税務署前
大阪抗議活動……大阪市西区 靫(うつぼ)公園・西側部分の西端(最寄り・地下鉄阿波座駅、地下鉄本町駅。阿波座駅のほうがより西端に近いです)
※東京と大阪、それぞれ同日・同時刻です。お近いほうにご参加ください。
 
集合時間 2015年2月14日 午前10時半集合 11時開始
 
シュプレヒコール
拘束している牧畜民たちを直ちに釈放しろ!
牧畜民への弾圧をやめろ!
南モンゴル人の人権を返せ!
南モンゴル人から奪った土地を返せ!
乱開発をやめろ!
同化政策をやめろ!
 



今回、現地での抗議で当局に拘束された5人の勇気ある南モンゴル人の皆さん。
アディア(Adiya)さん

アディア(Adiya)さん


オドンホアラ(Odonhuar ) さん

オドンホアラ(Odonhuar ) さん


(Dabshiltu)ダブシラトさん

(Dabshiltu)ダブシラトさん


ナランホアラ(Naranhuar)さん

ナランホアラ(Naranhuar)さん


ダブシラト(Dabshiltu)さん (先の方と同名)

ダブシラト(Dabshiltu)さん (先の方と同名)

土地強制収容に抗議した牧畜民達に対する、地元政府の態度・行為への抗議文(英語)

内モンゴル人民党
モンゴル自由連盟党
南モンゴル自由民主運動基金
青旗協会

の連名にて、今回土地の強制収容に抗議した牧畜民達に対し、地元政府がとった態度・行為に出した抗議文の英訳です。
 
To the People’s Congress, Government and Party Committee of Inner Mongolia Autonomous Region
To the Government and Party Committee of Siziwang Banner and Sunite Banner

 
Protest
During recent years, the Mongolias appeal to Beijing or even hold protests in order to protect their land and pasture.
In order to protect their own legal rights, the herdsmen of the two Banners appealed to the Banner government, Hohhot, and relative agencies in Beijing, but failed. The officials in the Banner government deceived the herdsmen by procrastinating the cases and insulted them deliberately, which drove the herdsmen to protest in the street. According to the videos, the local policemen threatened the herdsmen and repressed the unarmed herdsmen with violence. Then who violate the law? Not the herdsmen, but those local corrupt officials and policemen who threatened the civilians.
Thus we raise the following requests and demand the relative departments solve them immediately:

1. According to the Constitution of China, people are the real masters of the country. In other words, the herdsmen on the grassland are the real masters of their homeland; without the permission of the herdsmen, no agency has the right to bestow or transact their land. President Xi jinping advocates the policy of ruling the country by law and we strongly demand relative departments punish the local corrupt officials led by the vice team leader of the Inner Mongolia Autonomous Region Farming and Pastoral Areas working group who illegally expropriated the pasture of the herdsmen when expanding the Zhu rihe Base.
2. Publish and punish the policemen who illegally cracked down the lawful activities of the herdsmen.
3. Compensate the defaulted money immediately and strongly punish the relative officials. Compensate the real number money to the herdsmen and be responsible for their psychological loss.
4. Compensate the loss of the nearby herdsmen of Zhu rihe Base.
5. Strongly demand the herdsmen who protested during this time be released and psychologically compensated.

Inner Mongolian People’s Party
Mongolia Liberal Union Party
South-Mongolia Liberal Democratic Fund
Chinggis community
1st Feb, 2015